~次回活動~


※観覧や参加が可能な発表や公演の情報をお伝えします。日頃の活動予定はblogにて紹介中!


【日程】2018年6月22日(金)~24日(日) 全3ステージ!

【タイムスケジュール】
6月22日(金) 18:00
6月23日(土) 15:00
6月24日(日) 13:00

全公演、一般公開日となります。

【会場】茨木市クリエイトセンター(〒567-0888   茨木市駅前6-16)

【チケット】入場無料(要予約)


ご予約受付中!

予約サイトはこちら

 

今年の卒業公演は、舞踊(ダンス)と演劇の2チームに分かれた2本立て公演

それぞれの作品に第一線でご活躍するアーティストの皆様をお呼びしました!

 

【招聘アーティスト紹介】

舞踊(ダンス)
平原慎太郎(ひらはら・しんたろう)

◆プロフィール
 1981年北海道生まれ。ダンサー、振付、演劇のステージングなどを行う他、ダンスカンパニー「OrganWorks」を主宰し創作活動を行う。 
 大植真太郎、Carmen Werner、森山未來、コンドルズ、劇団イキウメ、小林賢太郎白井晃などの作品に携わる。またダンスカンパニ  OrganWorksを主宰し国内外で活動。塩田千春、播磨みどり等の現代美術家とも精力的に交流している。

2011年韓国国際モダンダンスコンペティション最優秀振付家賞。2015年小樽市文化奨励賞、2016年トヨタコレオグラフィアワードにて次代を担う振付家賞、オーディエンス賞をW受賞

 

 

演劇
三浦直之(みうら・なおゆき)
◆プロフィール
ロロ主宰/劇作家/演出家/1987年10月29日生まれ/宮城県出身
 2009年、日本大学藝術学部演劇学科劇作コース在学中に、処女作 『家族のこと その他たくさんのこと』が王子小劇場「筆に覚えあり戯曲募集」に史上初入選。

 同年、主宰としてロロを立ち上げ、全作品の脚本・演出を担当する。自身の摂取してきた様々なカルチャーへの純粋な思いをパッチワークのように紡ぎ合わせ、様々な「出会い」 の瞬間を物語化している。2015年より、高校生に捧げる「いつ高シリーズ」を始動。高校演劇のルールにのっとった60分の連作群像劇を上演し、戯曲の無料公開、高校生以下観劇・戯曲使用 無料など、高校演劇の活性化を目指す。そのほか脚本提供、歌詞提供、ワークショップ講師など、演劇の枠にとらわれず幅広く活動中。
2016年『ハンサムな大悟』が第60回岸田國士戯曲賞最終候補作品ノミネート。